おすすめ商品

割り箸ホーム>割り箸の選び方

割り箸の選び方

形状・素材・加工方法による価格に関して

割り箸の形状と価格

割り箸の形状と価格

割り箸の素材と価格

割り箸のと価格

割り箸の加工方法と価格

割り箸の加工方法と価格

割り箸を選ぶ上でのポイント

香り

香りは食事の味を左右すると言っても過言ではありません。割り箸の香りによっては食欲を増進させるものもあれば料理の風味を壊してしまう場合もある為注意が必要です。

見た目

敷物、器などと同様、食事の印象に大きく作用しますので料理に合わせて頂く必要がございます。

持ちやすさ

形状、長さによって持ちやすさが変わります。客層に合わせてお選びいただけると良いと思います。

掴みやすさ

箸先の形状で掴みやすさは大きく変わります。箸先が細く丸ければ細かいものが掴めますし、太く平らであれば麺などをしっかりと掴むことができます。

おすすめの割り箸

居酒屋

おすすめ
No.1
おすすめ
No.2
おすすめ
No.3
品名: すす竹天削 品名: 竹角箸無地帯巻 品名: カバ元禄
ランク: ★★☆☆☆ ランク: ★★★☆☆ ランク: ★★☆☆☆
すす竹天削 竹角箸無地帯巻 カバ元禄
今一番人気なお箸がすす竹天削です。比較的安価ながら高級感もあり使いやすい割り箸です。 少し高級な居酒屋でしたらこちらのお箸がおすすめです。塗り箸のように1本1本分かれています。予め帯が巻かれていますのでそのままお使いいただけます。 安さ重視でしたらカバ元禄がおすすめです。1膳1.3円ほどとかなりお買い得です。

そば・うどん・天ぷら・うなぎなど和食のお店

おすすめ
No.1
おすすめ
No.2
おすすめ
No.3
品名: エゾ利久 品名: 竹利久 品名: 吉野杉天削
ランク: ★★★☆☆ ランク: ★★★☆☆ ランク: ★★★★☆
エゾ利久 竹利久 吉野杉天削
両端が少し細く加工されており見た目に美しいお箸です。和の心が現れた利久箸は和食にピッタリのお箸です。 エゾ利久は高価で手がでないという場合は竹利久もおすすめです。竹特有の香りから昔は少し避けられていた素材ですが、現在は一番人気の素材です。 高級なお店でしたらおすすめは吉野杉天削箸です。木目は柾目で非常に美しい仕上がりです。

寿司屋

おすすめ
No.1
おすすめ
No.2
おすすめ
No.3
品名: 吉野杉卵中 品名: 吉野桧天削 品名: 吉野桧角箸(石州)
ランク: ★★★★★ ランク: ★★★★☆ ランク: ★★★★★
吉野杉卵中 吉野桧天削 吉野桧角箸(先丸石州)
職人さんが1本づつ製造、検品した最高級のお箸です。料理の美しさを追求されていらっしゃるのでしたら是非お使いいただきたいお箸です。 桧のまな板をお使いの方も多いように料理と近い存在なのが桧です。桧の香りはお寿司をもっと美味しくしてくれます。 石州と呼ばれるこのお箸は箸頭を四角錐に加工してあります。しっかりとした存在感でありながら箸先は丸く加工されていて見た目も使いやすさも追求したお箸です。

ラーメン屋

おすすめ
No.1
おすすめ
No.2
おすすめ
No.3
品名: アスペン元禄 品名: カバ元禄 品名: 桧元禄
ランク: ★★☆☆☆ ランク: ★★☆☆☆ ランク: ★★★☆☆
アスペン元禄 カバ元禄 吉野桧元禄
ラーメン屋ではおなじみの割り箸です。高品質のお箸というわけではありませんが、安価でありながら、元禄箸なので麺をしっかりホールドし使いやすい割り箸です。 カバ元禄はどちらかというと、うどん、そば屋などで用いられることが多いですが、価格もアスペン元禄と同じですのでお好きな方をお使いいただけます。 こちらは国産の桧で作られた元禄箸です。最近は高級なラーメンも登場していますので、一線を画す意味でも桧元禄箸をお使いいただけたらと思います。

ページの先頭にもどる